肺がんの早期発見には遺伝子検査が効果的

遺伝子検査で探すがん細胞

診察

病気が進行する前に

がんは発症した場所によって成長速度が変わり、肺がんや大腸がんなどが特徴的です。そのため、進行が進む前に治療することが重要になります。がん細胞を早めに発見することが現在の医療の目的にもなっているのです。

小さながん細胞も見逃さない

がん細胞を発見する検査に遺伝子検査と呼ばれる検査があります。遺伝子検査では5ミリ以下の小さながん細胞も見つけることができ、発ガンに至る前の段階で見つけることが出来る優れた検査になっています。

早期発見で健康管理

遺伝子検査の費用が高いという方もいますが、いざがんに掛かってしまうと入院費、治療代だけでなく様々な費用が掛かります。またがんを発症してしまうと体に大きな負担が掛かるので、遺伝子検査で早期発見し健康管理を行ないましょう。

がんの治療に役立つ情報を紹介

病院

がんの治療方法

がんの治療には発症したがんや、がんのステージによって異なってきます。どのようながんであっても早期治療が最善と言えます。抗がん剤によって副作用が出てくるケースもありますが、その症状を軽減させる情報をこちらのページで紹介されています。

READ MORE
ドクター

進行の早い肺がんの対策

がんはどんどん成長する病気です。ある程度成長すると違う細胞に転移してしまう可能性もあるので成長を阻止することと、元凶を断つことが重要になります。進行の早いがんにはどのような治療が望ましいか調べてみましょう。

READ MORE

がん細胞はどうして発生するのか

がん細胞は本来、正常な細胞です。細胞分裂の時に何らかの異常が発生して分裂した細胞が変化しがん細胞の元になってしまいます。転移する大きさになるまでにはいくつかの段階があるので、初期段階での治療が望ましいとされています。初期段階では正常な細胞にくっついていたり、粘膜の乗っかっている状態になるので、摘出する場合も負担が少なくて済むでしょう。

遺伝子検査の流れ

検査の前に

遺伝子検査を行なう前には、インフォームドコンセントと呼ばれる検査説明が行われます。この説明を理解し納得が出来るのであれば同意書などの記入を行ない検査に移ります。

施術はすぐに終わる

遺伝子検査は採血のみで終わります。採る血液も一般的な健康診断と同じ量になっているので心配はいらないでしょう。放射線や電磁派を浴びる必要がなく短時間で終わる検査なので負担が少ないと言えます。

数週間の検査

採血はすぐに終わるのですが、検査には少し時間が掛かります。一般的には4週間ほど掛かるとされているのですが、検査結果ではがん細胞の有無やリスクの高さなどが記載されています。

がんの可能性がある場合

遺伝子検査の結果でがんの可能性がある場合には、状況に合わせた治療が行われます。比較的可能性が低いが疑いのある状況なら、より詳しく検査を行なうために専門病院へ行くこともあるでしょう。

前がんの状態であれば

発ガンの一つ前の段階である前がんの状態であれば、点滴などを利用した治療で治すことも出来ます。抗がん剤などを利用せずに治療が行えるので早期発見と治療を行なうようにしましょう。