がんの治療方法|肺がんの早期発見を行なうために遺伝子検査をやってみよう

抗がん剤の副作用の心配が要らない

がん細胞が成長するまで

がんが発見されるまでにがん細胞は体内に数年、数十年潜んでいます。がん細胞が大きくなって悪さをするまでには時間が掛かるので毎年の健康診断や日頃の健康チェックでがんを回避することも出来ます。現在の医療が行なう検査は精密かつ的確な検査が出来るようになっているので、最先端の検査を利用しがんの発見に努めていきましょう。

がんの治療方法

病院

がんの治療

がんの治療には手術と投薬の二種類に分かれています。大きくなったがん細胞の場合は摘出手術が行われますが、小さながん細胞の場合だと抗がん剤などを用いての投薬治療がメインとなっているのです。最近ではNK細胞療法などの自己免疫細胞を利用した治療も注目を集めているとされています。がんの状況に合わせて治療法を選択するようにしましょう。

抗がん剤の副作用

投薬治療で使用される抗がん剤の治療薬ですが、多くの患者が副作用の心配をします。吐き気や免疫力の低下による脱毛などが特徴的です。抗がん剤を利用しての治療は間を空けながら行ないますが、それでも患者に掛かる負担は大きいとされています。抗がん剤による副作用を自分自身で改善させる方法としてフコイダンなどの成分を摂取して、自己免疫を高めると副作用の軽減が見込めるとされています。

新しい抗がん剤

抗がん剤治療でネックになっていた副作用の問題を解消した新しい抗がん剤も開発されてきています。副作用の軽減がされているため患者の負担も軽くなり、今までよりも抗がん剤を利用しやすくなったのです。抗がん剤の役目としては、がん細胞の増殖を防ぐこととがん細胞自体の消滅になっています。どの部位のがんに使用するのかで、抗がん剤の成分は変わってくるのです。

がんの状況に合わせて治療

がんは進行が早かったり転移して別の臓器に異常を起こすこともあるため、がんの状況にあった治療を行う必要があると言えます。肺がんなどの成長の早いがんは転移の可能性もあるので、摘出したほうがいいこともあるでしょう。しかし、担当医と相談をしながら治療法を決めていくことがベストと言えますね。自分の体調も考慮しながら無理のない範囲で治療していきましょう。